2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.12 (Wed)

AED講習

今日はAED講習でした。
AEDって知ってますか?

Automated External Defibrillator の頭文字で、
「自動体外式除細動器」のことです。

応急手当の必要性をまずはお話してもらいました。
例えば・・・

 ・心臓停止後約3分で50パーセントが死亡
 ・呼吸停止後約10分で50パーセントが死亡
 ・多量出血後約30分で50パーセントが死亡

だそうです。
そして救急車が到着するまでの全国平均時間は約6分。
もしも誰かが呼吸が止まってしまったり、心臓が止まったりした時、
救急車が来るまでの間、何もできずにオロオロしていたら
「救えるはずの命」が救えない・・・というわけです。

そこでこのAEDを使った除細動(電気ショック)の重要性が!

今日のこの講習はみっちり3時間。
班に分かれてちゃんと一人一人、人工呼吸や心臓マッサージ、
そしてAEDの使い方をレクチャー。

全部を詳しくは書きませんが、本当に初めての体験で、とっても
勉強になりました。

倒れている人がいたら、意識の確認をして、
意識がないことを確認したら、まずは周りの人に大声で助けを呼ぶ。
ここで、講師の救命士さんの話。

日本人はそんな時、すぐに集まっては来るけど、なかなか
率先して何かしようとはしない。アメリカ人などはけっこう
率先して動くんですけどね~。
だからそんな時は「あなた、救急車を呼んで下さい!」
「あなた、AEDを持ってきて下さい!」と指示して下さい。
日本人は使命感が強いので、指名されるとちゃんとやってくれます。


なるほど~!!
でも、AEDって誰でも知ってるのかなぁ?とちょっと思ったりして。
だって、私今回の講習の話がでるまで知らなかった・・・
普通はみんな知っているのでしょうか。

一通り講習を終えて、最後は一連の流れができるようにはなったけど、
果たしていざという時にできるかどうか・・・
今、目の前で誰かが倒れていて、このAEDを使えるか・・・
いざという時は自分もパニックになってしまいそう。

でも、それじゃあ意味がないですね。
大事な命を救うための訓練。
やったからにはちゃんとできるようにならないと!!
時々は、資料を読み直して復習したりしたほうがいいですね。

この講習は、1度じゃなくて、ちゃんと定期的にやったほうが
いいのでは?と思いました。
なんでもそうですが、学んだだけではダメなのです。
実践できなきゃ意味がない。ほんとにそう思います。
スポンサーサイト
23:47  |  お仕事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。